トップページ 日本酒の発祥 日本酒のお話 リンク
●朝廷から寺院へ
●奈良酒とくだり酒
●酒造りの神秘の地「奈良」
●酒栄講としるしの杉玉
●日本文化としての酒
酒造りの神秘の地「奈良」
 三輪山をご神体とするわが国最古の大神神社と日本酒の関係も、深い繋がりがあります。三輪の大神様は酒造りの神でもあり、私ども酒造家は大きなご神恩を賜っております。また大神神社の摂社には、酒造りを行う杜氏(とうじ)の祖神を祀る活日(いくひ)神社があります。
 このご祭神・活日命(いくひのみこと)に関して、日本書紀の崇神天皇紀に、国内に疫病が流行し混乱を極めた際に三輪の大神様を祀った時のこととして、その由来が記されていることは、ご存知の通りで、活日命が酒造りを行う杜氏の祖であることと共に、このような古い時代から、大神神社に聖なる酒を醸す職掌が存在したことがわかります。
酒栄講としるしの杉玉
 この大神様と杜氏の祖神の御神徳を慕う全国の酒造家の集まりが、「酒栄(さかえ)講」で、毎年、十一月十四日の「醸造安全祈願祭」(酒まつり)には、酒栄講の講員が御神前に集い、一同が神の御威徳を賜り、心も新たに新酒の醸造に励ませて頂きます。 お祭の中では、活日命が神酒を天皇に献上した時に詠まれた歌を神楽にした、「うま酒みわの舞」が、巫女達によって厳かに華やかに舞われます。
 この祈願祭の折、神社から下されるのが三輪山の聖なる杉で作られた杉玉、「しるしの杉玉」です。酒林(さかばやし)とも言われますが、造り酒屋の玄関先に吊るしてあるのをご存知の方も多いはずです。
 その年の新米で醸された新酒ができたという標しですが、江戸時代の中頃からの習わしです。三輪の杉玉は、酒造家と三輪の大神様とを結んで頂く、心のシンボルともなっています。
日本文化としての酒
 最近では若い人々を中心に、日本の伝統文化が見直されつつあります。
 私ども酒造関係者も、今こそ酒造りの原点に立ち返り、日本文化の中の日本酒の役割を考えていきたいと思っております。そういう意味でも神事(かみごと)のなかの酒、特に三輪の大神様、活日命の故事を改めてかみしめたいと思います。
 かつて日本人は、米に生命のエネルギーとしての神の霊性を見ていました。その象徴、エッセンスが、神事に欠かせない餅であり酒でありましょう。
 大神祭の神饌の第一が酒であったこと、酒が神と人とをつなぐ聖なるものであったことなどの現代的意味を改めて深く考え、酒造りに励みたいものです。
 またそれと同時に、日本の酒の本来の美味しさを知っていただく努力も忘れてはなりません。酒の正しいお燗の仕方、美味しく飲める酒器の選び方などの提案も大切でしょう。多少手間のかかると思われても、日本酒は本来の美味しさを判ってもらえることが、長い目でみれば良い結果をもたらすと考えています。
 いずれにしても、神代の時代から国の風土に培われ、大切に育まれてきた「日本文化としての酒」。これが今後の日本酒業界を考えるキーワードであると思っています。
 この奈良の地で日本酒を醸させて頂けることに私ども奈良県の酒造家はほこりを持っています。
奈良県酒造組合  〒635-0015 奈良県大和高田市幸町2番33号 TEL.0745-51-3388
お酒は二十歳になってから | 飲酒運転はやめましょう | お酒はおいしく適量を | 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります
Copyright (c) 2006.奈良県酒造組合All Rights Reserved.