トップページ 日本酒の発祥 日本酒のお話 リンク
 
 
 このグラフは、消費者の皆様からの、自分の好みにあった商品を選ぶことが難しいという声を受けて、消費者の皆様の商品選択の一助としていただくために作成しました。 なお、ご活用に当たり、以下の事項にご留意ください。
@ グラフは、平成28年4月に各メーカーから提供いただいた清酒の分析結果を基に作成しています。よって、製造時期の違い等により、商品の甘辛・濃淡の度合が分析結果と異なる可能性があります。
A グラフでは、清酒中の酸度、日本酒度及びブドウ糖含量を基に甘辛・濃淡を表示していますが、アルコール度数など、他の甘辛・濃淡を感じる要素により、グラフの表示と実際の感じ方が異なる可能性があります。
B グラフは、掲載されている各商品の甘辛・濃淡の違いを表すために、掲載商品の中での甘辛・濃淡を比較表示しています。そのため、例えば掲載されている商品が全て甘口であった場合、もっとも甘味が少ない商品については、辛口傾向と表示される可能性があります。
   (作成:大阪国税局)
清酒甘辛・濃淡グラフ

吟醸・純米吟醸酒 <299KB>

  純米酒 <307KB>
  本醸造・普通酒 <266KB>
  清酒の甘辛・濃淡グラフ (小売酒販店等用)<403KB>
  清酒の甘辛・濃淡グラフ (小売酒販店等用)<466KB> 操作要領
奈良県酒造組合  〒635-0015 奈良県大和高田市幸町2番33号 TEL.0745-51-3388
お酒は二十歳になってから | 飲酒運転はやめましょう | お酒はおいしく適量を | 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります
Copyright (c) 2006.奈良県酒造組合All Rights Reserved.